オールセラミック冠による審美修復

治療前症例
前歯部の色と正中離開が主訴で来院。他部位の咬合は安定していたため、前歯2本の補綴治療のみでの治療を提案したところ了解を得たので施行しました。
次へ
治療後症例
多少前歯の幅径が大きいですが、色・形・離開部閉鎖において患者さまは大変満足いく結果となりました。
この症例は歯間部歯肉の形態を整えるのに仮歯にて調整を行いました。神経を取らずに治療できたことは予知性の点でも期待できる症例となりました。

【治療期間】3ヶ月 【通院回数】7回 【費用】200,000円

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら