インプラントによる全顎的咬合再構成

治療前症例
咀嚼障害と審美障害を主訴に来院。経験上、入れ歯は選択枝から外され、固定性を強く希望されたので、インプラント治療およびブリッジによる最終補綴を提示しました。
次へ
治療後症例
患者さまは固定性になった為、美味しく食事ができ、人前でも笑うことが出来るようになったと大変満足していました。期間や治療費はかかりましたが、食べる喜びを取り戻すことができ、美味しく食事を摂ることはお金には替えられないものがあると痛感されていました。

【治療期間】2年 【通院回数】40回 【費用】4,500,000円

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら