親知らずからインプラントオペまで

口腔外科

口腔外科は、お口の中に関わるあらゆる外科疾患に対応する診療科目です。対応する主な疾患としては、親知らずの抜歯、顎関節症、口内炎などの粘膜疾患、インプラント、交通事故やスポーツなどによる外傷などがあります。この領域の疾患は、食事や会話などが不自由になるという機能的な障害があるのに加えて、審美的な障害も起こります。治療によってお口の機能を取り戻すと同時に、お顔全体の健康的な美しさを取り戻すことができます。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら