顎関節症

顎関節症顎関節症とは、噛み合わせが悪いために顎の関節に無理な力が加わって起きる病気です。そのままにしておくと、顎関節が痛んだり、ひどい場合には口を大きく開けられなくなったりすることもあります。口を開けるときに痛みがあったり、カクカクと音がしたり、口を大きく開けづらいといった症状が見られる場合は、顎関節症の可能性があります。

顎関節症の治療は、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などによる薬物療法のほか、噛み合わせの調整やマウスピースによる保存療法を行います。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら