保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯入れ歯には、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)があります。また使用する材料により、金属の入れ歯とプラスチックの入れ歯があります。

保険診療の入れ歯の場合は、プラスチック(レジン床義歯)となります。噛む機能についてそれほど問題はありませんが、厚みがあるので装着したときの快適さや食べ物の味わいにはどうしても劣る欠点があります。また、強度が十分ではないので、物を噛むときにたわんで歯ぐきを傷つけることもあります。長期間使用しているうちに歯ぐきの骨が痩せることがありますが、そのために金具やプラスチックがすり減ったり、折れやすくなったりします。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら