自由診療の入れ歯

自由診療による入れ歯は、金属や強化プラスチックなど、さまざまな材料から選ぶことができます。チタン合金などは軽くて強度も高く、金属アレルギーの心配もありません。

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
金属のバネを使わない部分床義歯です。歯の表面に金属がないので、審美性に優れています。義歯床を薄くすることができるので、装着したときの違和感もそれほどありません。また、金属アレルギーの心配もありません。

金属床義歯ノンクラスプデンチャー
入れ歯を支える部分が金属になっている入れ歯です。金属なので強度に優れ、レジン床義歯よりも薄くできるので、装着したときの違和感が少なく済みます。また、食べ物の温度が伝わりやすいので、食事を美味しく食べることができます。

インプラント義歯(オーバーデンチャー)ノンクラスプデンチャー
入れ歯でよく噛めない方や、入れ歯が動くために痛いという方に適した入れ歯です。顎の骨に数本のインプラントを埋設し、それを固定源にして義歯をしっかり安定させて装着します。患者さまご自身で取り外しができるので、管理がしやすいというメリットがあります。

マグネット義歯ノンクラスプデンチャー
残っている歯の根に磁性金属を埋め込み、一方の入れ歯に超小型の磁石を取りつけることによって入れ歯をぴったり吸着させるものです。金属バネを使わないので、審美性に優れています。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら