歯周病の症状とは

歯周病の症状とは歯周病は、初期段階ではほとんど自覚症状がないのが特徴です。そのため、以下に挙げるような症状が現れたときには、歯周病がかなり進行している場合が多いというのが現状です。早めに治療をすれば回復を望めますが、症状が進んでしまうと、最悪の場合抜歯しなければなりません。

・歯みがきをすると歯ぐきから出血する
歯周病の典型的な症状で、歯みがきや硬いものを噛むことで出血します。歯ぐき(歯肉)には多くの血管がとおっており、歯周病菌に侵されて歯肉に炎症が起こることで、歯みがきなどの強い力が加わると炎症部分から出血するのです。

・口臭がひどくなる
口臭の原因にはさまざまなものがありますが、ある日突然、口臭がひどくなったようなときには歯周病の可能性があります。歯周病による口臭は、歯周病菌の繁殖によって起きるものなので、かなりキツイ臭いがするのが特徴です。しかし口臭は自分で気づきにくく、また周囲の人も遠慮しがちになるので、気づかないうちに進行してしまうことがあります。

・口の中がネバネバする
唾液の中に歯周病菌が多く存在すると、お口の中がネバネバしてきます。朝起きたときにお口の中がネバついていたり不快な感じがしたりするときは、歯周病の可能性があります。

・歯ぐきが腫れる
歯ぐきが腫れてブヨブヨになるのは歯周病の典型的な症状です。

・歯ぐき(歯肉)が変色する
健康な人の歯ぐきはピンク色をしています。しかし、歯周病になると歯ぐきが明らかに赤くなり、進行するに従って赤紫になるというように色が濃くなっていきます。

・歯ぐきから膿が出る
歯ぐきから出血する段階からもう一段進むと、歯ぐきの内部に膿がたまるようになり、痛みが出てきます。膿を出してしまえば痛みは治まりますが、原因となっている歯周病を治さない限り、再び膿がたまってしまいます。

・硬いものを噛むと痛みを感じる
歯周病になると、歯を支えている周辺の組織が弱ってくるので、硬いものをかじると歯周組織が歯を支えきれなくなり、痛みを感じるようになります。

・歯がグラグラする
歯周病になると歯周組織が侵されるため、歯を支えている歯根膜や骨が溶かされていき、歯がグラグラしてきます。歯を人差し指と親指で軽くつまみ上下左右に軽く揺さぶったときに明らかに歯がグラグラする、あるいは舌で押すと歯が動くような状態は、歯周病がかなり進んでいる状態です。

・歯ぐきか下がって歯が長く見えるようになる
歯周病になると歯周組織が侵されるため、歯肉が後退して歯が長くなったように見えます。あるいは昔よりも出っ歯になったように見えることがあります。鏡でチェックして、昔よりも歯が長くなったり、出っ歯になったように見えたりしたら歯周病の疑いがあります。

・歯ぐきがムズムズする
歯周病になると、常に歯ぐきがムズ痒かったり、痛んだりするようになります。

・歯と歯の間が広くなり、ものが挟まりやすくなる
歯周病になると歯周組織が侵されるので、歯と歯の間が広がり、ものが挟まりやすくなります。また、歯が浮いた感じがしたり、噛み合わせが悪くなったりすることもあります。

・糖尿病の合併症
糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす病気です。その中で、糖尿病患者の多くは歯周病になっている確率が高いというデータがあります。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら