歯周病の治療

一口に歯周病と言っても、原因や症状を悪化させている要因は患者さま一人ひとりによって異なります。そのため、治療を始める前に検査を行い、それぞれに適した治療をしていきます。

プラークコントロール
歯周病の予防・治療ともに重要なのは、プラークコントロールです。歯周病の原因となる歯垢(プラーク)の増殖を抑えるのが目的で、正しいブラッシングや、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使います。

スケーリングスケーリング
毎日のブラッシングで取り残してしまうプラークや、ブラッシングでは取り除くことができない歯石を除去し、再び付着しづらくするように処置する治療法です。歯周病になると歯周ポケットが深くなり、そこにたまったプラークが病気を進行させていきます。スケーリングをすることによって歯ぐきの炎症が治まり、歯周ポケットも浅くなるので、症状の改善が期待できます。

詰め物・被せ物の修正治療
詰め物や被せ物がうまく歯にフィットしていないと、プラークが付着しやすくなります。この場合、詰め物や被せ物を適合するように修正すると、プラークが付きにくくなり、付着したプラークを取り除くのも簡単になります。

抗生物質による治療
歯周病はプラークの中にいる歯周病菌に感染する病気なので、抗生物質を服用したり、直接歯周ポケットに抗生物質を挿入したりすることで、細菌の増殖を抑える治療法です。

生活習慣・食生活の改善
病・睡眠不足・ストレスなどで体の抵抗力は低下してしまいます。そのため歯周病菌に感染しやすくなるので、十分な睡眠、適度な運動、ストレスの解消などは歯周病を治していく上で大切な事柄です。

また、歯周病が起こりやすくなる糖尿病を予防するような食生活を送ることも重要です。食材や料理法を工夫することも大切ですが、良く噛んで食べる習慣をつけることも必要です。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら