歯を削らないのがこだわりです

一般歯科

むし歯の治療は、基本的にむし歯菌によって侵された部分を削り取り、そこに詰め物や被せ物をすることです。歯の一番外側にある硬い組織のエナメル質がむし歯菌によって溶かされていく(脱灰)ことから、むし歯が始まります。

治療では、脱灰の程度(C1~C4、Cはカリエスの頭文字)が進むに従って削る量が多くなります。しかし当院では、歯の寿命をできるだけ長くするという予防歯科に基づく考えから、可能な限り削る量を少なくすることを治療方針としています。

むし歯の進行
C1【C1】初期のむし歯
エナメル質にむし歯がとどまっている段階です。むし歯部分を削り、詰め物で修復します。

C2【C2】進行したむし歯
象牙質までむし歯が進んだ段階です。C1よりも大きく削り、インレー修復をします。

C3【C3】さらに進行したむし歯
むし歯が歯髄(神経)まで達している段階です。ここまでくると、歯髄を取り除く根管治療が必要となります。

C4【C4】非常に進行したむし歯
歯冠部分が崩壊し、歯の見える部分がほとんど残っていない段階です。根管治療を行った上でクラウンを被せるか、抜歯してインプラントなどの治療をします。

削る量が少ないほど、修復痕が目立たない
むし歯部分を削る量が少なければ、詰め物の量も少なくて済みます。詰め物には保険適用のCRインレーというプラスチック樹脂やパラジウム合金があります。CRインレーは比較的天然歯に近い色なので修復痕があまり目立ちませんが、より天然歯に近い色と強度を備えたものにセラミックインレーがあります。自由診療となりますが、治療痕がまったく目立たず健康な歯を取り戻したようだと、多くの患者さまが満足していらっしゃいます。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら