削らない・痛くないドックベストセメント療法

ドックベストセメントむし歯が歯髄(神経)まで達してしまったむし歯は、歯髄を全摘出する根管治療をするのが一般的な治療法です。しかしこの治療をするには、歯を大きく削る必要があります。そのうえ歯髄を取り除いてしまうと歯が弱くなり、破折しやすくなるなど歯の寿命が短くなるというデメリットがあります。

そこで当院では、最新のむし歯治療法として注目されている「ドックベストセメント」をご用意しています。この治療法は、深く進行したむし歯でも、虫歯菌を殺菌することで歯髄を残したまま修復できるというものです。歯を削る量も少なくて済むので麻酔する必要もなく、痛みが少ないというのが特徴です。

この治療法の考え方は、むし歯は菌による感染であることから、薬剤でむし歯を無菌化し、自然治癒力によって歯を再生させようというものです。たとえばインフルエンザに感染したときに、抗生剤で菌を殺して治すのと同じです。従来の治療法では、むし歯を除去するために歯を削っていましたが、この治療法では菌だけを殺すので、あまり削る必要がないのです。

ドックベストセメント治療は保険適用ではありません。自由診療となります。

ドックベストセメントの特徴
●痛みが少ない
歯を削るのが最小限で済むので、痛みを感じることはほとんどありません。治療時に麻酔も必要ありません。

●歯髄を残せる確率が高い
進行したむし歯を削ると歯髄まで達してしまい、歯髄を取る可能性が大きくなります。しかしドックベストセメント治療では歯を削る部分が少ないので、歯髄を残せる可能性が高くなります。

●むし歯菌で柔らかくなった歯に硬さを取り戻す
虫歯菌に侵された部分は、柔らかくなってしまっています。ドックベストセメントは、虫歯菌に侵されて柔らかくなっている象牙質を鉄イオンと銅イオンのコンビネーションで殺菌して自然治癒を促し、象牙質を硬くします。

●殺菌力が持続する
ドックベストセメントは銅イオンを放出し続けるので、殺菌力が非常に長く続きます。

●副作用の心配がない
主成分が銅やリン酸、亜鉛などの天然ミネラルなので、副作用の心配がありません。妊娠中の患者さまでも安心です。

●治療回数が少ない
通常の根管治療ではおよそ4回の治療が必要ですが、ドックベストセメントでは1回で済みます。

ドックベストセメント治療の流れ
【STEP1】むし歯の汚れを殺菌水で洗浄します。
次へ
【STEP2】むし歯の部分を削るのは最小限にとどめ、ドックベストセメントを塗布します。
次へ
【STEP3】ドックベストセメントを残したまま通常の詰め物をします。
次へ
【STEP4】1年程度でむし歯菌に感染した部分が完全に殺菌され、柔らかくなったむし歯が再生して硬くなっているのを確認します。
次へ
【STEP5】最終的な詰め物(コンポジットレジンなど)をします。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら