親知らずからインプラントオペまで

口腔外科

口腔外科は、お口の中に関わるあらゆる外科疾患に対応する診療科目です。対応する主な疾患としては、親知らずの抜歯、顎関節症、口内炎などの粘膜疾患、インプラント、交通事故やスポーツなどによる外傷などがあります。この領域の疾患は、食事や会話などが不自由になるという機能的な障害があるのに加えて、審美的な障害も起こります。治療によってお口の機能を取り戻すと同時に、お顔全体の健康的な美しさを取り戻すことができます。

親知らずの治療

親知らずの治療親知らずは第三大臼歯とも言われ、10代後半から生えてくる歯です。上下の顎でさまざまな生え方をしますが、正常に生えてくるのは稀です。歯ぐきから歯の一部が出ている場合、レントゲンで見ると歯が斜めや真横になっているのがわかります。このような親知らずがあると、その周囲から全身に至るまで、さまざまな悪影響が出てくることがあります。

親知らずによる悪影響
よく見られる症状は、親知らずの周辺に炎症が起きて、痛み出したり腫れたりします。また、歯みがきが難しく磨き残しができるため、親知らずだけでなく、隣の健康な歯までむし歯になってしまいます。親知らずが顔を出そうとして周りの歯を押しやるため、歯並びが悪くなったり噛み合わせが悪くなったりすることもあります。

親知らずの抜歯
親知らずの多くは、無症状のうちに悪さを引き起こします。親知らずは、まさにトラブルメーカーなのです。親知らずが上下できちんと噛み合っている場合を除き、早めに受診し、抜歯することをお勧めします。親知らずの抜歯は、口腔外科で最も頻度の高い手術です。

顎関節症

顎関節症顎関節症とは、噛み合わせが悪いために顎の関節に無理な力が加わって起きる病気です。そのままにしておくと、顎関節が痛んだり、ひどい場合には口を大きく開けられなくなったりすることもあります。口を開けるときに痛みがあったり、カクカクと音がしたり、口を大きく開けづらいといった症状が見られる場合は、顎関節症の可能性があります。

顎関節症の治療は、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などによる薬物療法のほか、噛み合わせの調整やマウスピースによる保存療法を行います。

インプラント手術

インプラント手術抜歯をするなどして歯を失ったところに、人工歯根(インプラント)を埋め込んで代わりの歯を再建する治療です。治療には、顎の骨にインプラントを埋め込む前処置の手術と、人工歯を結合する手術を行います。

詳しくは「インプラント」へ

外傷

転んだり、物にぶつかったりしたために起きるさまざまな歯の障害を治療します。

完全脱臼
歯が完全に抜けてしまった状態です。抜けてしまった歯を元に戻す場合と、歯の状態によって戻せない場合とがあります。できるだけ早く元に戻すことが重要ですので、抜け落ちた歯を乾燥させないように保存液か牛乳に漬けて持ってきてください。

破折
歯が欠けてしまった状態です。歯髄が見えるほど欠けている場合は、歯髄の治療をしてからプラスチック(レジン)や金属で修復します。

陥入
ぶつけた拍子に歯がめり込んでしまった状態です。この場合は、歯を元の位置に戻し、固定します。ただし、時間が経って歯髄が壊死した場合には、根管治療が必要です。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら