精密な入れ歯だからフィットする

入れ歯治療

健康な人生を送るために、健康な食生活は欠かせません。そして健康な食生活を送るためには、食べ物を噛むための丈夫な歯が必要です。天然の歯を何らかの理由でなくしてしまった方が健康な食生活を送るには、違和感なくフィットしてしっかりと噛める入れ歯が必要です。当院では入れ歯に関する患者さまのお悩みに十分耳を傾け、可能な限り不満を解消し、精密でフィットする入れ歯をお作りしています。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯入れ歯には、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)があります。また使用する材料により、金属の入れ歯とプラスチックの入れ歯があります。

保険診療の入れ歯の場合は、プラスチック(レジン床義歯)となります。噛む機能についてそれほど問題はありませんが、厚みがあるので装着したときの快適さや食べ物の味わいにはどうしても劣る欠点があります。また、強度が十分ではないので、物を噛むときにたわんで歯ぐきを傷つけることもあります。長期間使用しているうちに歯ぐきの骨が痩せることがありますが、そのために金具やプラスチックがすり減ったり、折れやすくなったりします。

自由診療の入れ歯

自由診療による入れ歯は、金属や強化プラスチックなど、さまざまな材料から選ぶことができます。チタン合金などは軽くて強度も高く、金属アレルギーの心配もありません。

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
金属のバネを使わない部分床義歯です。歯の表面に金属がないので、審美性に優れています。義歯床を薄くすることができるので、装着したときの違和感もそれほどありません。また、金属アレルギーの心配もありません。

金属床義歯ノンクラスプデンチャー
入れ歯を支える部分が金属になっている入れ歯です。金属なので強度に優れ、レジン床義歯よりも薄くできるので、装着したときの違和感が少なく済みます。また、食べ物の温度が伝わりやすいので、食事を美味しく食べることができます。

インプラント義歯(オーバーデンチャー)ノンクラスプデンチャー
入れ歯でよく噛めない方や、入れ歯が動くために痛いという方に適した入れ歯です。顎の骨に数本のインプラントを埋設し、それを固定源にして義歯をしっかり安定させて装着します。患者さまご自身で取り外しができるので、管理がしやすいというメリットがあります。

マグネット義歯ノンクラスプデンチャー
残っている歯の根に磁性金属を埋め込み、一方の入れ歯に超小型の磁石を取りつけることによって入れ歯をぴったり吸着させるものです。金属バネを使わないので、審美性に優れています。

当院がオススメする入れ歯「ウェルデンツ」

ウェルデンツウェルデンツは「次世代の入れ歯(ブリッジ)」として最近注目されている、まったく新しい入れ歯治療です。できる限り残った歯を削らずに大切にするという発想から生まれたもので、衛生的かつ取り外しも自由な入れ歯(ブリッジ)です。

主成分をポリプロピレンとする特殊な素材は、通常の入れ歯に使われているプラスチックに比べて、数倍の弾力性と強度を持っています。従来、ブリッジをするには両隣の歯を削らなければなりませんでしたが、ウェルデンツならば削らずに装着することが可能です。

ウェルデンツの特徴
●臭いや変形、変色の心配がない
通常の入れ歯に使われているプラスチックは水分を吸収するため、変色、変形、臭いがつきやすいといった問題があります。また材質が硬いため、歯ぐきに合わない場合もあります。しかしウェルデンツはほとんど水を吸収しないので変形しません。また臭いや着色の問題も起きにくくなりました。

●歯に近い感触が得られる
ウェルデンツはプラスチックに比べて弾力があるので、物を噛んだとき適度にたわみ、歯ぐきへのあたりも柔らかいので、歯に近い噛み心地が得られます。また、非常に軽い素材なので、装着したときの違和感が緩和されます。

●強い力がかかっても割れない
プラスチックの入れ歯は長年使っているうちに変質してしまい、噛み合わせる力で割れることがあります。しかしウェルデンツは、強い噛み合わせの力や衝撃に対する曲げの強さがあるので、非常に割れにくくなっています。

●バネが薄くて白いので目立たない
ウェルデンツの新素材は薄くても強度と弾力に優れているので、バネを薄くできます。また、色が白いため金属のバネのように目立ちません。金属をまったく使わないので、アレルギーの心配もありません。

●人工の歯ぐきを必要としない
通常の入れ歯は、噛んだときの安定感を得るために人工の歯ぐきをつけています。しかし、ウェルデンツはバネによる密着性が高いので、人工の歯ぐきをつけなくても安定させることができます。

保険による治療も可能
ウェルデンツはその優れた性質から、入れ歯、差し歯、ブリッジ、クラウン、インレーなど、さまざまな治療で使うことができます。また一部ではありますが、保険適用にもなっていますので、ぜひご相談ください。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら