削らない治療で痛みも抑える

痛みの少ない治療削ってしまった歯は、たとえ詰め物をして補ったとしても、二度と元に戻すことはできません。そこで最近は、削る量を最小限に抑えるようにし、むし歯にならないようにするという治療を行うのが主流になりつつあります。当院でも早くからこの考え方を取り入れ、できるだけ削らずにむし歯を治す治療を行っています。

削る量を少なくするということは、それだけ精密な治療を行うということでもあり、またそうすることによって、痛みも最小限に抑えることができます。特に当院では、むし歯をほとんど削らずに虫歯菌を無菌化するドックベストセメントを取り入れており、痛みの少ない治療を可能としています。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら