悪い部分だけでなく、全体を見据えて治療を行います

トータルで診る治療

当院では、お口の治療は一部分だけでなく、全体を見据えて治療していく必要があると考えています。病気になった部分だけを治療したとしても、それでは対症療法と言って、その場しのぎの治療になってしまうのです。

たとえば、むし歯で歯が痛むという患者さまの場合、むし歯だけを削り、詰め物をして終わりにしてしまったのでは、むし歯になった原因まで取り除いたことにはなりません。その結果、また同じところがむし歯になったり、歯ぐきが腫れたりといったトラブルに見舞われる可能性が出てきます。

当院では、なぜむし歯になったかを突き止め、その原因の治療から始めることを重視して、患者さまにお伝えしています。むし歯の痛みしか感じられないときも、お口全体を診ることによってほかのむし歯を発見したり、あるいは症状はないけれども治療が必要な部位を見つけたりすることができます。そうすることによって、本当のお口の健康を得ることにつながります。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら