顎関節の動きや左右の歯並びのバランスを検査

トータルで診る治療お口全体の健康状態を診るということは、むし歯や歯周病を探し出すことが全てではありません。それら全ての大元となる、顎全体のバランスや噛み合わせの状態も見る必要があります。噛み合わせが良くないと、顎全体のバランスが崩れ、その結果としてむし歯や歯周病になりやすくなったり、食べ物をしっかり噛むことができないために消化器官に負担がかかったり、顎関節症になりやすくなったりします。また、噛み合わせのズレが影響して、口元や顔の形まで歪んでしまうこともあります。

噛み合わせのアンバランスが全身に与える影響
噛み合わせが悪く、顎関節症にかかっている場合、頭に負担がかかって頭痛が起きることがあります。原因不明の頭痛に悩んでいるときに、噛み合わせの治療をすることによってウソのように頭痛が消えることがあります。

また、顎の異常を補うために肩の筋肉に負担がかかるので、肩凝りになることもあります。さらに、噛み合わせの異常によって顎の骨が体の中心(体幹)からズレてしまい、姿勢が悪くなって肩が凝ることもあります。

シンラシステムで左右の歯並びのバランスを検査トータルで診る治療
生体は、本来左右対称であることが望ましいとされています。お口の中でも、歯並びが左右対称に近ければ噛み合わせが良いこととなり、全身に対する影響も少なくなります。歯の治療も、ただ歯を削るのではなく、本来は歯並びや歯の高さが左右対称になるように考えた上で削ったり被せ物をしたりするべきです。また、入れ歯を作る際にも、そうした基準を元にするべきです。

そこで当院では、どの程度噛み合わせの平面が左右対称で、歯の高さも左右が同じ高さであることを検査するためにシンラシステムを用いています。

シンラシステムとは、噛み合わせの研究で第一人者の阿部晴彦先生が開発した検査システムで、顔の中心を基準として、本来の正しい噛み合わせの位置を決めるための手法です。この手法によって、顎がどれだけ体幹からズレているか、あるいは歯並びのバランスがどれだけ崩れているかが計測でき、歯科治療や入れ歯の製作に役立てることができます。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら