徹底した滅菌・消毒で院内感染を防ぎます

徹底した滅菌・消毒歯科治療は、内科などの一般医科に比べると、実は非常に厳しい感染予防や滅菌・消毒が欠かせない診療科目です。たとえば、内科では唾液や血液に触れることは多くありませんが、毎日お口の中で治療を行っている歯科では日常的にそれらに触れています。その点では、歯科は外科に近いと言えるでしょう。

最近は使い捨ての器具が増えて感染予防がしやすくなってきましたが、それでも歯を削る機器などは高精密なものであるため、使い捨てにできないものがあります。そのため繰り返して使わざるを得ず、滅菌・消毒が非常に重要となってくるのです。

当院の衛生士・助手たちの、衛生に対する意識は非常に高く、院内で勉強会を開いては滅菌・消毒法についての研鑽を積んでいます。また、これまで蓄積された知識を先輩から後輩へと受け渡し、意識を高め合いながら日々の作業に活かしています。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら