入れ歯(義歯)にもある素材の違い

入れ歯(義歯)にもある素材の違い入れ歯の場合も、保険が適用されるものは安価で済む反面、素材がレジンというプラスチックに限られます。もちろん、十分に物を噛むことができます。しかし、どうしても分厚くなってしまうので、お口の形にぴったりフィットさせるように調整することが難しくなります。そのため、装着すると違和感を覚えたり話しづらかったり、といったデメリットがあります。

これに対して自由診療の場合は材質に制限がないため、患者さまの要望に細かく応えることが可能です。

たとえば金属が見えてしまうのは嫌だ、という場合には「ノンクラスプデンチャー」という金属のバネがない、入れ歯であることが目立たないものを作ることができます。あるいは、入れ歯でも美味しく食事がしたいというご要望には、チタンやコバルトを使った入れ歯を作ることができます。プラスチックに比べて薄く加工できるので違和感がなく、美味しく食べ物を食べることができます。

当院では、まず患者さまのご要望や現在使っている入れ歯に対する不満を十分にお聞きした上で、最適なものをご提案させていただいています。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら