歯科医がニガテな方も、安心して治療を受けられます

痛みの少ない治療

お子さまだけでなく、大人の方でも、歯医者にかかるのは痛いからイヤだ、という方が少なくありません。当院では「痛みの少ない治療」を心がけておりますので、どなたでも安心して治療を受けることができます。

痛くない麻酔へのこだわり

歯科治療で、どうしても怖い・痛いと思ってしまうのは麻酔ではないでしょうか。当院では痛みが起こりそうな治療を行う場合にはあらかじめ表面麻酔をして、針を刺す歯ぐきの表面を麻痺させて痛みを和らげます。この麻酔は、粘膜表面に麻酔剤を塗ることで、2分ほどで感覚を麻痺させるものです。これで針を刺すときのチクッとした痛みをほとんど感じなくなります。麻酔をする際には、この麻酔をすることで痛みがなくなることを丁寧にご説明いたします。

コンピュータ制御の注射で麻酔痛みの少ない治療
さらに、注射器も極細注射針を使い、無痛電動麻酔器(アネジェクト)を用いて行います。アネジェクトとは、コンピュータ制御で麻酔剤を少しずつ、注入する速さをコントロールしながら注射する機器で、理想的な注射をすることを可能としています。

注射の痛みは、麻酔剤を注入するときの圧力によって細胞が急激に膨張することによって起きます。これを抑えるには、麻酔剤をごく少量ずつ一定の速度でゆっくり打たなければならず、人間の手では難しいのです。アネジェクトはコンピュータ制御によって3段階のスピードで注入するため、患者さまに合わせて痛みのない注射をすることができます。

歯科治療に恐怖感を持つ方に向いた麻酔法
歯ぐきへの注射に対してどうしても恐怖を感じてしまう方や、歯科治療そのものに抵抗感を持っている方に対して有効な麻酔法に、静脈内鎮静法があります。鎮痛薬や向精神薬を静脈内に点滴注入することで精神の緊張状態を緩和させ、リラックス効果をもたらすというものです。

ほとんど眠っている状態の間に治療が行われるため、痛みや不快な音などが気になることもありません。この治療法はまた、嘔吐反射が強い患者さまにも効果を発揮します。当院では、専門の麻酔科の医師によって施術していますので安心です。

削らない治療で痛みも抑える

痛みの少ない治療削ってしまった歯は、たとえ詰め物をして補ったとしても、二度と元に戻すことはできません。そこで最近は、削る量を最小限に抑えるようにし、むし歯にならないようにするという治療を行うのが主流になりつつあります。当院でも早くからこの考え方を取り入れ、できるだけ削らずにむし歯を治す治療を行っています。

削る量を少なくするということは、それだけ精密な治療を行うということでもあり、またそうすることによって、痛みも最小限に抑えることができます。特に当院では、むし歯をほとんど削らずに虫歯菌を無菌化するドックベストセメントを取り入れており、痛みの少ない治療を可能としています。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら