抜かずに長持ちさせることを重視

高い予防意識かつてむし歯の治療と言えば、悪い部分は大きく削り取って詰め物をする、ひどいむし歯の場合は抜いてしまうというものでした。しかし、最近はなるべく削る量を少なくして、残せる歯はできるだけ抜かずに残すようにするという考え方(これをミニマルインターベンション、MIと言います)が主流です。

歯を削るということは、歯の寿命を削ること。削り取るのは虫歯菌に侵された部分だけにとどめ、詰め物もわずかにします。そうすることで歯の強度を保ち、長持ちする歯にすることができます。できるだけ抜かないということは、生まれ持った歯を大切にすることを重視することです。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら