ブラッシングしやすいお口の環境を作る

高い予防意識歯垢(プラーク)がたまりやすい歯周ポケットや歯の周りの骨に凸凹があると、再び歯石ができやすくなるため、歯周病が進行する可能性が高くなります。当院では、ブラッシングしやすく歯周病の原因となる細菌がたまりにくい環境を作るために、必要に応じて外科手術も行っています。

歯の表面がザラザラしていると、やはりプラークがつきやすい状態になります。当院では、表面がツルツルしたセラミックを材料としたラミネートベニアやセラミッククラウンでの審美歯科治療も行っています。これらはプラークがつきにくいだけでなく、美しいお口を実現する審美的な効果もあります。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら