予防歯科が全ての土台にあるという考え方と衛生士の役割

高い予防意識

予防歯科とは、むし歯を治す治療をするのではなく、むし歯にならないようにお口の環境を整え、お口の健康を維持していくことです。むし歯になったり歯周病になったりして歯を失ってしまうと、食べ物がうまく噛めなくなるなど、生活や健康に支障が出てしまいます。当院では、衛生士による適切なブラッシング法と、お口の健康を保つために気をつけていただきたいポイントを丁寧に指導。お口のトラブルを未然に防ぐお手伝いをしています。

歯科衛生士による口腔ケア指導高い予防意識
予防歯科で重要な役割を担っているのが歯科衛生士です。医師の指示のもと、歯垢(プラーク)や歯石の除去をするほか、お口の健康を高めるための指導を行っています。正しいブラッシング指導はそのひとつ。ブラッシングをしていただいたあとに染料を使って歯を染め、十分に磨かれていない部分を実際にお見せしています。どんなところを注意して磨けばよいかが一目でわかります。

また歯周病予防では、軽度から重症までグラフを使ってご説明するとともに、患者さまの状態がどのような段階にあるかを知っていただきます。予防をせずにいると、数年後に喪失本数が明らかに違ってくることがわかります。こうした指導により、患者さまご自身の歯に対する意識を高め、予防に積極的になっていただけるようにしています。

抜かずに長持ちさせることを重視

高い予防意識かつてむし歯の治療と言えば、悪い部分は大きく削り取って詰め物をする、ひどいむし歯の場合は抜いてしまうというものでした。しかし、最近はなるべく削る量を少なくして、残せる歯はできるだけ抜かずに残すようにするという考え方(これをミニマルインターベンション、MIと言います)が主流です。

歯を削るということは、歯の寿命を削ること。削り取るのは虫歯菌に侵された部分だけにとどめ、詰め物もわずかにします。そうすることで歯の強度を保ち、長持ちする歯にすることができます。できるだけ抜かないということは、生まれ持った歯を大切にすることを重視することです。

ブラッシングしやすいお口の環境を作る

高い予防意識歯垢(プラーク)がたまりやすい歯周ポケットや歯の周りの骨に凸凹があると、再び歯石ができやすくなるため、歯周病が進行する可能性が高くなります。当院では、ブラッシングしやすく歯周病の原因となる細菌がたまりにくい環境を作るために、必要に応じて外科手術も行っています。

歯の表面がザラザラしていると、やはりプラークがつきやすい状態になります。当院では、表面がツルツルしたセラミックを材料としたラミネートベニアやセラミッククラウンでの審美歯科治療も行っています。これらはプラークがつきにくいだけでなく、美しいお口を実現する審美的な効果もあります。

お口のトラブルで困っていませんか?

診療のご相談・お問い合わせはこちら